遺品整理士の資格取得方法と試験内容 - 遺品整理マイスターズ

MENU

「遺品整理士」の資格取得方法と試験内容

誰でも受験資格あり!遺品整理士の資格取得方法

<%遺品整理士教材%>

「遺品整理士」の資格取得方法は、「遺品整理士認定協会」の認定試験に合格することです。基本として誰でも受験することができます。最初に「遺品整理士認定協会」のホームページで申し込みをします。受講の申し込みをすると、遺品整理について学べる教本、資料集、DVDが送られてきます。その後、資格試験までに2ヶ月間の講義を受けることになります。そして受講の終わりに合否の判定をするレポートを提出します。それから約2か月後に合格通知が届き、認定手続きをします。認定証書が発行されると、「遺品整理士」として仕事をすることができるようになります。

このページの目次へ戻る

スポンサーリンク

遺品整理士の試験内容と遺品整理士に求められること

試験内容は「遺品整理とは何か」から始まって「専門家が今必要とされる理由は」「取り巻いている、様々な社会問題」「実務を行っていく上で必要なこととは」「行われている実際の業務とは」「作業を行う上での留意点」「法規制とのかかわりについて」「事例研究について」となっています。「遺品整理士認定協会」は遺品整理の業者が増えてきたことで問題視されるようになってきました。お客様と業者のトラブルを解消するために「遺品整理士」の資格制度を設けました。認定試験に合格すると、「遺品整理士」として業務に携わることができます。資格がなくても遺品整理はできますが、取得すればお客からの信頼を得ることができます。

このページの目次へ戻る

遺品整理士の資格がなぜ必要か、利用者からの信頼と安心感

今後も需要が増え続ける遺品整理とそれに伴う問題

<%遺品整理需要%>

高齢化社会や核家族化している現代では、遺品整理士業の需要が増加しています。遺品整理業を行なう専門の人たちは「遺品整理士」と呼ばれています。遺品整理の内容としては、故人宅の清掃や整理、不要品の処分などが挙げられます。これまでは遺族が行なうことが一般的でしたが、生活スタイルの変化もあり、専門の業者を頼るケースが増えているのです。需要が増えていることもあって、遺品整理業を提供する業者の数も増えています。そんな中、遺品整理業者には遺品整理士の資格が必要とされています。

このページの目次へ戻る

スポンサーリンク

遺品整理士としての自覚・責任を兼ね備えて他社との差別化

<%遺品整理士の心得%>

遺品整理士の資格がなぜ必要かというと、現状では遺品整理業者に関係する法律が整備されていないゆえ、不当に高額な料金を請求したり、遺品整理時に出た不要品を不法投棄する業者などが少なからず存在しているからです。遺品整理士の資格を有していることで、必要な知識を持っている、しっかりしている業者であることの判断材料にもなるので、利用者からの信頼を得ることが出来、安心して遺品整理の依頼を出してもらうことが可能になるのです。遺品整理士の資格を取得すると、認定証書と認定カードが発行され、遺品整理士の資格ポスターも必要に応じて受け取ることが出来ます。

このページの目次へ戻る

遺品整理士の養成講座について

遺品整理士とは亡くなった方が残した持ち物や家具などの整理をする専門家の資格です。亡くなった方の持ち物が少ない場合の遺品を整理することは難しくありません。しかし現代はものが豊富にあるため、持ち物を多く持っている方が亡くなった場合、家族だけで遺品を整理することは大変な場合が多いようです。そのため遺品整理士などの専門家や業者に依頼する方が増えています。

このページの目次へ戻る

遺品整理士の養成講座にかかる期間と費用

<%試験の流れ%>

遺品整理士の資格は2011年に作られた歴史の浅い資格で、遺品整理士認定協会が認定する民間資格です。そのためこの資格がなければ遺品を整理することができないという訳ではありません。しかし遺品整理についての知識を持っていることによって、遺品整理の仕方に差が出てきますし、葬儀社や遺品整理を専門に行っている会社では資格のある人のほうが就職に有利なので 遺品整理を仕事として行いたい方はこの資格を取っておくとよいでしょう。資格を習得するための流れは、まず遺品整理士認定協会が主催する「遺品整理士養成講座受講申し込み」(入会金25,000円、会費5,000円2年間有効)を行い、受講します。この講座では遺品に接するときの心構えや遺族への対応、産業廃棄物など廃棄物処理の法律について勉強します。この講座は通常2ヶ月で終了し、その後課題試験があります。この試験に合格したら、遺品整理士の資格を得られるようになっています。

このページの目次へ戻る

 

遺品整理士をもっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

関連ページ

誰でも就職やアルバイトはできるの?遺品整理の求人情報と仕事内容とは? - 遺品整理マイスターズ
遺品整理の求人情報はニーズはあるものの、大手求人サイトに掲載している数は少ないです。就職やアルバイトを希望の方がスムーズに探すことができるようご紹介しております。遺品整理士の資格は必要なのか、具体的な仕事内容は?などぜひ参考にしてください。
遺品整理士とは?〜実際どんな仕事!?どんな資格!?〜 - 遺品整理マイスターズ
遺品整理士とは遺品整理士認定協会の資格を持った方になります。最近では遺品整理の法整備が整っていない中で相談や苦情が相次いでおります。遺品整理士の資格は遺品に関わるすべてのことを学ぶ資格になります。当サイトでは仕事内容や資格取得や年収等をすべてお伝えさせて頂きます。
遺品整理士の「合格率」は?「難易度」は?合格者の声から成功ノウハウをご紹介 - 遺品整理マイスターズ
遺品整理士の合格率は65%程と比較的易しい資格となります。実務経験も必要がない為、勉強することで試験に合格することができます。しかし、一番大事な事は試験に合格することではなく、遺品整理とは何か?お客様の思いに共感する心が重要になっていきます。
遺品整理士の年収の相場を徹底分析|えっ!!こんなに給料高いの!? - 遺品整理マイスターズ
遺品整理士という仕事が注目を浴びています。遺品整理士の年収はやり方次第では相当高い年収になります。少子高齢化社会問題により、今までは家族で亡くなった方の遺品を整理してきましたが、家族がいない場合や家族では遺品の整理ができないなど遺品整理業者に依頼することが多くなっております。
遺品整理の開業方法とや起業方法|遺品整理で独立を考えている方へ - 遺品整理マイスターズ
遺品整理で開業や起業、独立を考えている方へ開業の準備に必要なものから成功するためのノウハウをお伝えさせて頂きます。