遺品整理を自分たちだけで行うコツは? - 遺品整理マイスターズ

MENU

業者を通さずに自分自身やご家族だけで行なう遺品整理

<%家族%>

遺品整理を行なう業者が増えてきたのは、比較的最近になってのことではないでしょうか。
核家族」や「独居老人」などの社会的背景により、業者に遺品整理を依頼したいというケースが増えてきてはいますが、その一方で自分たちで遺品整理を行なうというケースもまだまだ多くあります。
業者に頼む必要性がなければ、自分たちで遺品整理を行ったほうが費用もかからずに済みます。
ただ自分たちで遺品整理を行なう場合には、いろいろと大変なことが出てくる可能性もあります。

衣装持ち・コレクターの方の遺品整理は大変

<%%>

生前からできるだけムダな物は持たないという精神で過ごしてきた方の遺品整理であれば、おそらくそれほど大変ではないはずです。しかしその反対に、衣装持ちであったりコレクター気質のある方だったりすると、故人にまつわる品物が非常に多く、またその品物を収納する家具も多くなるため、遺品整理が難航することもあります。

 

大型家具や家電製品の場合、その数が少なくても処分するとなると手間がかかります。
もしまだまだ使えそうなものだったり、買い取ってもらえたりするようなものがあれば、それを手段として選んだほうが楽でしょう。
また場合によっては、故人が大切にしていた物や集めていた物に対しての遺言が残されていることもありますので、その場合はその内容に従って処分を進めていくことになります。

一気に遺品整理を終わらせようとしないこと

<%%>

たとえ故人がそれほど物を多く買う人でなかったとしても、長年蓄積された物を処分するのはなかなか大変です。
ですからもし遺品整理を急ぐ必要がなければ、一気に遺品整理を終わらせないようにするというのもコツのひとつと言えます。
遺品整理を行なうために親族がたくさん集まり十分な人手があれば話は別かもしれませんが、そうでなければ少しずつ少しずつ遺品整理を行っていくのがオススメです。

一気に終わらせようとすると、どうしても手を抜く部分が出てきたり注意力が散漫になったりしやすくなりますので、本来であれば処分すべきではなかった物まで処分してしまうというような思わぬトラブルを招きやすくなります。
ゆっくりと時間をかけて遺品整理を行なえば、その分故人の思い出の品に触れる時間も増えるということですから、少しずつじっくりと遺品整理を行なうのはとても良いことです。

粗大ゴミの解体に使用する工具やトラックの用意

<%トラック%>

遺品整理をしていくにあたっては、「電動のこぎり」などの電動工具があると便利です。
ゴミの処分方法は各自治体ごとで微妙に異なりますが、例えば不燃ゴミとして処分したいものがあったときなどは、電動のこぎりが重宝します。
不燃ゴミとして処分できるものでも、指定の不燃ゴミの袋に入らないものは不燃ゴミとして処分できません。このとき、処分したい物を電動のこぎりでカットすれば、不燃ゴミの袋に入れることができます。

 

粗大ゴミとして処分するよりはこちらのほうが楽ですので、必要に応じて電動工具も揃えておきましょう。また場合によっては、ゴミ処理センターに不用品を直接持ち込んで処分するということもあるでしょう。そんなときには、軽トラックなどがあると便利です。
もし持ち込みによる処分を検討していれば、あらかじめトラックを手配しておきましょう。このように、自分たちで遺品整理を行なうにあたっては、自分たちで準備すべきごとがいろいろと出てきますので、事前に段取りをつけておく必要があります。

まとめ

遺品整理の大変さは状況により大きく異なりますが、故人が一軒家にひとり暮らしをしていて、故人亡き後はその一軒家を引き払うといったケースでは、特に遺品整理が困難になるでしょう。
もし自分たちだけで遺品整理を行なうのが難しいと判断された場合は、業者へのご依頼も検討されてみてはいかがでしょうか。

 

依頼前に見なきゃ損するお役立ち情報はこちら

 

関連ページ

2016年、高齢化社会で注目されている「遺品整理」とは?
遺品整理とは、ご遺族が亡くなった時や実家に残った遺品(故人が所有していたもの)を整理して、処分や形見分けなどを行うことです。遺品整理のやり方はご家族で遺品整理を行うやり方や遺品整理業者に依頼するやり方と2つのパターンがあります。
遺品整理のご依頼の流れ
遺品整理を依頼する流れを項目別に注意すべきポイントとともに記載しております。依頼する側も業者に対して、わかりやすくスムーズに伝えることで誤解のない遺品整理を行うことができます。依頼する前に流れを把握しておきましょう!
【悪徳業者急増中】遺品整理業者の選び方の判断基準はこれだ!
遺品整理を初めて行う方は必見!失敗しない遺品整理業者の選び方をご紹介します。遺品整理業者の中には悪徳業者もいます。業者の見分け方の判断基準・見るべきポイントを記載してあります。
2016年「遺品整理」で急増中の5つの「トラブル事例」とその解決策
遺品整理業者の中には少なくとも悪徳業者もおります。遺品整理業者でよく起きているトラブルの事例と解決策を紹介しますので、依頼をする前に確認してください。注意すべきポイントは、不当な買い取りや高額請求や不法投棄などが一番多いトラブル事例になりますので、気を付けましょう。
遺品整理のお焚き上げ供養とは?
遺品整理を依頼する際に故人の方が大切に残していた遺品を捨てることができないケースがあると思います。そんな時は、必ずお焚き上げ供養をすることをオススメ致します。
【遺品整理と相続放棄】えっ!!遺品整理したら、多額の賠償を請求された!?
故人の遺品整理をただ普通に行っただけなのに、故人の債権者から多額の賠償を請求されることがあります。「相続放棄」をしていない場合は相続人として財産や借金などを請求されるケースがあります。特に賃貸物件などは大家から請求されることが多く、相続放棄をする場合は遺品整理や処分には十分気を付けましょう。
悪徳遺品整理業者が行う最新の手口と回避方法
遺品整理業者が増え続けている中、良い業者だけではなく、悪徳業者も増えております。最新の悪徳業者が使う手口と回避方法をご紹介しますので、ご依頼する前に必ず確認してください。
遺品整理の料金相場表|全国の遺品整理業者約1,200社を調査
全国の遺品整理業者約1,200社の料金を徹底調査しました。都道府県ごとの料金相場をご紹介しております。あなたのお住まいの遺品整理の相場をチェックしてからお見積りを行いましょう。
遺品整理の見積もり時に注意するべきポイント
遺品整理でトラブルが起きない為にも見積書は隅々まで確認しましょう。わからない項目があれば、すべて質問することをオススメします。見積もり時に注意すべきポイントをご紹介します。
遺品整理に関するブログをまとめてご紹介!
遺品整理の現状や現実、遺品整理士の仕事ぶりなどまとめてご紹介します。遺品整理業界の裏側まですべて丸わかり間違いなし!
遺品整理を行う適切な時期やタイミングは?
遺品整理を行う時期はいつ頃が良いのでしょうか?お客様の状況によって異なります。遺品整理を行うタイミングをいくつかご紹介しておりますので、ぜひご確認ください。
遺品整理業者に依頼するメリット・デメリット
遺品整理をご自身や家族だけで行うべきか遺品整理業者にすべてをお任せするのかを悩む方も多いかと思います。遺品整理業者のメリット・デメリットをご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
初めて遺品整理を行う人が不安に思う「3つの事例」
遺品整理を依頼するほとんどの方は初めてのケースがほとんどだと思います。遺品整理で現実にあった体験談から聞いた不安に思った事例をまとめましたので、ご確認ください。
遺品整理と不用品処分の違いとは?
遺品整理を依頼する方がよく勘違いしてしまうことが遺品整理と不用品処分です。遺品整理業者の中にも不用品処分をしてしまい、大切な遺品を処分してしまったという話をよく聞きます。事前に遺品整理と不用品処分の違いを調べておきましょう。
遺品整理の作業当日で気を付けるべきポイント
遺品整理で一番トラブルが起きる確率が高い時は遺品整理の作業当日です。遺品整理後に大切な遺品が処分されてしまったケースなど多々あります。気を付けるべきポイントをまとめましたので、ぜひご覧ください。
遺品整理にかかる費用をできるだけ安く抑えるコツ
遺品整理をご依頼する際にできるだけ費用を抑えるためのノウハウをご紹介いたします。業者に依頼する前にやるべきポイントや買取できるものは専門業者に依頼したりなど方法はたくさんあります。
「遺品の買取」を依頼したら、逆に利益が出た!?
遺品整理を依頼する前に「遺品の買取」を買取専門業者に依頼することで遺品整理の費用を抑えることができます。少し利益が出たなんてことも!遺品の買い取りのメリットと依頼する際の注意点をご紹介します。