遺品整理のお焚き上げ供養とは? - 遺品整理マイスターズ

MENU

お焚き上げ供養について

近年遺品整理の依頼をすることができる業者が非常に増えていますが、中にはお焚き上げ供養を行っているところもあります。
このお焚き上げ供養とは、故人が最後に使っていた衣類や布団といったもののほか愛用していた品々を供養するものです。お葬式の時に使った遺影や弔電、灯篭を供養することも可能で多くの人がこういった作業を依頼しています。遺品整理業者にお焚き上げ供養をしてもらう品を持ち込むという方法はもとより、宅配便で品物を送って依頼をするという方法もあります。

お焚き上げの費用についてはその遺品整理業者によって違いがあるものの、事前に見積もりをすることで支払いの際に慌てることがありません。無料で見積りを行っている業者も多々あることから、安心して依頼をすることができます。

 

お焚き上げ供養をしている様子を実際に見てみたいというときには、その場に参列をすることが可能な場合もあり好評となっています。専用の施設に行き、宗教家による供養の場に同席をすることができるため大変有用です。

遺品整理におけるお祓いと供養の違いについて

故人の亡くなり方にもよりますが、遺品整理の際には遺品についてある種類の処置が必要になるケースは多々存在します。そんな時問題になるのが処置の種類、すなわちお祓いと供養の違いです。結論から言ってしまえばそれは宗教の違い、「お祓い」は神道の概念で「供養」は仏教の概念ということになります。

 

しかしどちらかの熱心な宗教家であればいざしらず、一般的な現代日本人の宗教世界の中ではいまや神道・仏教は半ば習合してしまっており、完全に切り分けて考えることは不可能です。従って、より深い感覚と定義に切り込んで考える必要があります。
まず「お祓い」のことを考えてみましょう。「祓う」と動詞にしてみればわかりやすいかもしれませんが、これはケガレを追い「払う」ということです。次に「供養」ですがこれは「供」え・「養」う、つまりそれはずっと側にいつづける・いてもらうための行為であるといえます。
遺品整理とは遺品を通して故人と向き合う行為です。自分にとって故人とは何なのか、遺品に残った想いをどうしたいのかに基いて処置を選ぶと良いでしょう。

遺品整理には物によっては供養が必要な種類のものもあるのです

高齢化社会というのが現代です。
つまり多くの高齢者が死んでいくということでもあり、その場合に様々な遺品を残していくということがよくあるのです。そうした場合、例えば、家を相続するということがあったとしても、遺品整理が大変ということがよくあるのです。いくら親のものと言っても、しばらく離れていたり、たまに寄るぐらいのことでは、残された遺品がどのような経緯で手に入れたものなのか、一体これは何なのかといった種類のものもあるのです。そうした遺品整理において注意をしたいのは、供養が必要なものもなかにはあるということです。

 

そのためには親の宗教に合わせて、お坊さんなどにもっていって供養をしてもらう必要がある場合があるのです。どのようなものが供養をしなければならないような遺品なのかを目利きをしてもらうことが必要になるのです。特に遺品の数が多い場合はそうした作業も大変になるのです。遺品整理については、そうした供養の必要があるかどうかが分かる古いものに詳しい人に手伝ってもらうということも大切なのです。

遺品整理でお焚き上げ供養を依頼した方の体験談

遺品整理業者に依頼をした時の体験談

<%口コミ%>

私には独身の叔母がいたのですが、彼女が亡くなったので遺品整理業者に依頼をすることにしました。これまでこういった業者に依頼をしたことがなかったためどこにお願いをすべきか随分迷ったものの、友達がとある遺品整理業者を紹介してくれたことからそこに相談をすることにしたのです。するとお焚き上げ供養を依頼することも可能であるということがわかったので、正式に契約をすることにしました。

お焚き上げをしてもらったことで、気持ちがスッとしてこれで自分の役目を果たすことができたと思いました。写真がたくさん張られたアルバムや日記、愛用していたひざ掛けなど叔母が大切にしていたもののお焚き上げ供養をしてもらうことがかない本当に良かったです。

お焚き上げ供養を依頼した時の体験談

<%口コミ%>

今から1年ほど前のことになりますが、遺品整理業者にお焚き上げ供養を依頼しました。私には学生時代からずっと仲の良かった独身の友達がいたのですがその友達が亡くなったので、彼女が暮らしていた部屋の遺品整理をすることにしたのです。彼女からはすべて捨てて欲しいと言われていたものの、いざとなるとやはり忍びなくどうしても捨てることができませんでした。それでお焚き上げ供養を依頼することができる遺品整理業者を探し、そこに相談をしたのです。

するとその場で見積りをしてくれたので、金銭面のことで心配をすることもなく安心してお願いすることができました。アルバムや遺影の写真、お気に入りの洋服や日記などのお焚き上げをしてもらうことがかないほっとしました。

お焚き上げ供養を依頼した時の体験記

<%口コミ%>

お焚き上げ供養を依頼することができる遺品整理業者はないものかと探していた時に、同僚がある遺品整理業者を教えてくれました。彼女もそこにお願いをしてお焚き上げをしてもらったと話してくれたため、とりあえず電話をして相談をしてみることにしたのです。

すると非常にわかりやすい説明をしてくれて、都合が合えば焚き上げ焼納場に実際に行き供養をしている様子を見ることも可能であると話してくれました。それで、その遺品整理業者にお願いをすることにしたのです。
宗旨や宗派は問わず依頼をすることができるシステムになっていたことから、気軽にお願いをすることがかない非常に助かりました。遺品をどうすればいいのかわからずに困っていたものの、お焚き上げをしてもらったことで心の底からほっとしました。

 

依頼前に見なきゃ損するお役立ち情報はこちら

 

関連ページ

2016年、高齢化社会で注目されている「遺品整理」とは?
遺品整理とは、ご遺族が亡くなった時や実家に残った遺品(故人が所有していたもの)を整理して、処分や形見分けなどを行うことです。遺品整理のやり方はご家族で遺品整理を行うやり方や遺品整理業者に依頼するやり方と2つのパターンがあります。
遺品整理のご依頼の流れ
遺品整理を依頼する流れを項目別に注意すべきポイントとともに記載しております。依頼する側も業者に対して、わかりやすくスムーズに伝えることで誤解のない遺品整理を行うことができます。依頼する前に流れを把握しておきましょう!
【悪徳業者急増中】遺品整理業者の選び方の判断基準はこれだ!
遺品整理を初めて行う方は必見!失敗しない遺品整理業者の選び方をご紹介します。遺品整理業者の中には悪徳業者もいます。業者の見分け方の判断基準・見るべきポイントを記載してあります。
2016年「遺品整理」で急増中の5つの「トラブル事例」とその解決策
遺品整理業者の中には少なくとも悪徳業者もおります。遺品整理業者でよく起きているトラブルの事例と解決策を紹介しますので、依頼をする前に確認してください。注意すべきポイントは、不当な買い取りや高額請求や不法投棄などが一番多いトラブル事例になりますので、気を付けましょう。
【遺品整理と相続放棄】えっ!!遺品整理したら、多額の賠償を請求された!?
故人の遺品整理をただ普通に行っただけなのに、故人の債権者から多額の賠償を請求されることがあります。「相続放棄」をしていない場合は相続人として財産や借金などを請求されるケースがあります。特に賃貸物件などは大家から請求されることが多く、相続放棄をする場合は遺品整理や処分には十分気を付けましょう。
悪徳遺品整理業者が行う最新の手口と回避方法
遺品整理業者が増え続けている中、良い業者だけではなく、悪徳業者も増えております。最新の悪徳業者が使う手口と回避方法をご紹介しますので、ご依頼する前に必ず確認してください。
遺品整理の料金相場表|全国の遺品整理業者約1,200社を調査
全国の遺品整理業者約1,200社の料金を徹底調査しました。都道府県ごとの料金相場をご紹介しております。あなたのお住まいの遺品整理の相場をチェックしてからお見積りを行いましょう。
遺品整理の見積もり時に注意するべきポイント
遺品整理でトラブルが起きない為にも見積書は隅々まで確認しましょう。わからない項目があれば、すべて質問することをオススメします。見積もり時に注意すべきポイントをご紹介します。
遺品整理に関するブログをまとめてご紹介!
遺品整理の現状や現実、遺品整理士の仕事ぶりなどまとめてご紹介します。遺品整理業界の裏側まですべて丸わかり間違いなし!
遺品整理を行う適切な時期やタイミングは?
遺品整理を行う時期はいつ頃が良いのでしょうか?お客様の状況によって異なります。遺品整理を行うタイミングをいくつかご紹介しておりますので、ぜひご確認ください。
遺品整理業者に依頼するメリット・デメリット
遺品整理をご自身や家族だけで行うべきか遺品整理業者にすべてをお任せするのかを悩む方も多いかと思います。遺品整理業者のメリット・デメリットをご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
初めて遺品整理を行う人が不安に思う「3つの事例」
遺品整理を依頼するほとんどの方は初めてのケースがほとんどだと思います。遺品整理で現実にあった体験談から聞いた不安に思った事例をまとめましたので、ご確認ください。
遺品整理と不用品処分の違いとは?
遺品整理を依頼する方がよく勘違いしてしまうことが遺品整理と不用品処分です。遺品整理業者の中にも不用品処分をしてしまい、大切な遺品を処分してしまったという話をよく聞きます。事前に遺品整理と不用品処分の違いを調べておきましょう。
遺品整理を自分たちだけで行うコツは?
遺品整理を業者に依頼せず、ご自身や家族だけで行う方もいらっしゃると思います。ご自身で遺品整理を行う時に必要なモノやスムーズに遺品整理を行うコツをご紹介しております。ご自身で行うことは相当大変なことですが、故人に対して、感謝の気持ちを込めて遺品の整理することはとても良いことだと思います。
遺品整理の作業当日で気を付けるべきポイント
遺品整理で一番トラブルが起きる確率が高い時は遺品整理の作業当日です。遺品整理後に大切な遺品が処分されてしまったケースなど多々あります。気を付けるべきポイントをまとめましたので、ぜひご覧ください。
遺品整理にかかる費用をできるだけ安く抑えるコツ
遺品整理をご依頼する際にできるだけ費用を抑えるためのノウハウをご紹介いたします。業者に依頼する前にやるべきポイントや買取できるものは専門業者に依頼したりなど方法はたくさんあります。
「遺品の買取」を依頼したら、逆に利益が出た!?
遺品整理を依頼する前に「遺品の買取」を買取専門業者に依頼することで遺品整理の費用を抑えることができます。少し利益が出たなんてことも!遺品の買い取りのメリットと依頼する際の注意点をご紹介します。