誰でも就職やアルバイトはできるの?遺品整理の求人情報と仕事内容とは? - 遺品整理マイスターズ

MENU

失敗しない遺品整理業者に依頼するための方法

更新日:2020/5/26

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴う緊急事態宣言が5月24日解除されました。
緊急事態宣言が解除されてもWithコロナで、遺品整理時の訪問見積や作業時には必ずマスク着用および手洗いうがい、現場の換気の徹底をお願いします。業者選びの際にもできるだけコロナ対策をしっかり対応している遺品整理業者をお選びください。

遺品整理マイスターズでは、初めて遺品整理を行う方が遺品整理士が在籍する優良の遺品整理業者や近くの遺品整理業者を選べるように遺品整理の料金や口コミ、評判でランキング形式にてご紹介しております。
遺品整理だけではなく、生前整理や特殊清掃、ゴミ屋敷片付け、遺品の買取などのサービスについても比較しております。
遺品整理の仕方や時期などの遺品整理に関わる知識や情報も合わせてご確認ください。
遺品整理で働きたい方は求人情報やアルバイト情報も確認しましょう。

少子高齢化で遺品整理業のニーズは今後も高まり続け、求人情報も増え続ける!?

少子高齢化の影響で、高齢者を複数の親戚や子供が支える社会というのは現実的にかなり難しくなってきています。特に高齢な親や親戚が一人で生活をしていて亡くなってしまった場合には、現実問題として遺品整理を残された遺族が行うということが物理的に難しくなってきており、遺品整理業のニーズが非常に多くなってきています。
とりわけ高齢者が賃貸住宅を借りていて亡くなった場合には一定期間内に退去しなくてはなりませんから、こうした第三者の遺品整理業に依存せざるをえないのが実情で、年々遺品整理業のニーズは高まりを見せています。今後高齢化がさらに進み、核家族化で老人が一人で生活するケースが増えるようになれば遺品整理業に対する依存度は今後も高まり続けることになることが想定されます。

スポンサーリンク

そういう意味では遺品整理業はまさに時代が求める必要な業種ということができそうです。都市部では大きな廃棄物などは簡単に捨てることもできなくなりつつありますので、残された荷物を撤去するというだけでも遺品整理業に対する需要は多くなる傾向にあります。
こうしたことから遺品整理業のニーズは多岐におよぶことが考えられ、遺品整理の求人情報や遺品整理士の資格の需要は増え、業界としてさらに大きく成長することが予測されているのです。

遺品整理の求人情報を知る方法と見分け方のポイント

<%%>

遺品整理業者のHPを確認すれば、効率よく遺品整理の求人情報ができるテクニックを得ることとなります。中には高収入アルバイト情報や高待遇な求人が含まれている可能性もあるため、ひとつひとつきちんと調べる必要があります。遺品整理不正防止情報センターが行っている優良な遺品整理業者への求人紹介サービスは遺品整理士の資格を持った会社しか登録していないため、信頼できる業者しか載っていないです。ゆえに消費者へ献身的なサービスを実行していることで、日々刻々と変化する遺品整理の状況に適応することができると思います。
その一方でインターネットで語られている真実の声にも耳を傾けていくこともが重要であるため、各遺品整理業者の会社概要などの基礎的な部分から見ていくことが大切です。世の中の遺品整理の相場やスタッフのサービスに対する接し方などを実際に疑似体験として電話をしてみたりと慎重に判断していくことが成功への近道だと思います。

 

このページの目次へ戻る

遺品整理士の具体的な仕事内容とは?

従来、故人の遺品は遺族が片付けるものでした。しかし、核家族化が進み親子が別居している、また、共働きなどで片付ける手がないなどの理由で、遺品整理業が必要とされてきています。しかし、法整備が追い付いておらず、不用品を不法投棄したり、法外な料金を請求する業者も少なからずいるのが現実です。
それでは、遺品整理士のあるべき姿、具体的な仕事内容とは何でしょうか。

遺品の供養に対する認識を持ち、想いのこもる品々をきちんと査定や整理をすること
廃棄物やリサイクル品に関する各法規制を学び、それに沿って、正しく処理をすること
実際に行われた事例を学び、実務に向けた心構えや留意点を理解すること

上記3つを意識することでより円滑に作業を進めることができます。
指定の講座を受講し認定された遺品整理士に遺品整理業に、優先的に仕事を依頼するようにと、行政に対する働きかけが始まっています。そうすることによって、先に示したような、悪徳業者を排除する方向へ向かっています。
ますます、遺品整理業者が必要とされてきている現在、正しい対応ができ、専門的な知識を持った遺品整理士の育成が急務と考えられます。

スポンサーリンク

このページの目次へ戻る

成功する遺品整理業者

<%%>

季節の変わり目には、片付けに本腰を上げていくことを考える人が増えると思います。遺品整理業者で成功している会社は季節ごとの集客を徹底的に行なっております。普段はインターネットでの集客に力を入れており、季節の変わり目にはチラシを何万枚と配布して遺品整理の案件の問い合わせを増やす努力をしております。最近では新規利用者へキャンペーンを実施している場合もあり、積極的なビジネス展開を行っていくようにする行動が重要です。時代にあったサービスかどうかを判断すれば、失敗しない遺品整理業者の選びもでき、正しいアプローチができると思います。見るべきポイントは「遺品整理」と検索した時に検索結果に上位に来ているかどうかです。上位に来ているということは数多くの方からの問い合わせがあるからです。
一方でスタッフの信頼感を得ることも重要で、会社として地域密着型の営業を行っている会社も評判や口コミで遺品整理を依頼したい方がいた時に紹介してくれるからです。まずはより多くの遺品整理業者のホームページをチェックして良い企業とはどういう業者かを調べることが良いと思います。⇒遺品整理士の年収の相場を徹底分析

 

成功している全国の遺品整理業者を探してみる

 

このページの目次へ戻る

遺品整理士の資格について

<%%>

遺品整理で就職する場合、遺品整理士の資格は必要かという問いに対する答えは、「ノー」です。資格を持っていなくても、働くことはできます。しかし、遺品整理士の資格を取得している方が、信頼を得ることができます。
遺品整理士になるためには、試験を受けなければいけません。試験は、遺品整理士認定協会のホームページから申し込むことができます。基本的には、誰でも受験することができるのですが、試験を受けるまでに2か月間、講義を受講しなければいけません。受講料は、25,000円となっています。
ホームページから受講申込みを行えば、教本と資料集、DVDが届きます。そして、受講の最後には、レポートをWEBか郵送で行うようになります。2カ月後に合格通知が届き、合格した場合には、認定証書が発行されて終了となります。受講後のレポートが、実質的な試験となります。
遺品整理士の資格の合格率や難易度は?

 

このページの目次へ戻る

故人に対して真摯になれることが必要です

<%%>

遺品整理業者の仕事では、亡くなった方の残した遺品の品々を整理、処分します。遺品整理士に向いている人は、故人またはその遺族に対して真摯に接することができる人です。遺品整理の現場では、故人が残した様々なものを整理することになります。そのようなときには、正確に物品を整理していく能力はとても重要になります。しかし、その故人の気持ちがこもった遺された物に対して、真摯に向き合うことは故人と遺族に対しての礼儀となります。物にはたくさんの気持ちがこもっていますので、丁寧に扱いしかるべき処分の方法をすることが重要なことになります。遺品整理で就職を考えている方へアドバイスがあるとすれば、物にも故人にも真摯に向き合える人が向いているといえます。

 

遺品整理士をもっと詳しく知りたい方はこちら

 

このページの目次へ戻る

スポンサーリンク

誰でも就職やアルバイトはできるの?遺品整理の求人情報と仕事内容とは? - 遺品整理マイスターズ記事一覧

 

少子高齢化社会となり、孤独死や生前整理などのニュースが増えており、遺品整理という仕事が注目されております。遺品整理業者の数も年々増加しており、それに伴い、求人募集をしている業者が多くなっております。就職やアルバイトを考えている方が優良な遺品整理業者で働くことができるよう、仕事内容や募集内容など詳しく解説しています。

 
 

高齢化社会によって、岐阜県で遺品整理を行う方が年々増加しております。昔とは異なり、核家族化が進んでおり、遺品整理を家族だけで行うケースが少なくなっており、遺品整理業者に依頼することが多くなっております。それに伴い、遺品整理業者の数も増え、就職やアルバイトを実施する方も増えており、今注目されている業界となっております。遺品整理の求人情報を探している方はぜひ参考にしてください。

 
 

愛知、名古屋の高齢者の人口は毎年増加しており、お亡くなりになる方も増えております。少子高齢化社会に伴い、孤独死や孤立死などがテレビのニュースで取り上げるほど遺品整理の需要が高くなっております。遺品整理業者も遺品整理で働く人を募集しており、求人情報も増えております。遺品整理業者によって仕事内容が異なりますので、事前にしっかりと調べてから就職先やアルバイト先を選ぶことをオススメします。

 
 

千葉で遺品整理の依頼が年々増えており、遺品整理業者が多数求人を募集しております。高齢化社会に伴い、遺品整理という仕事が注目されており、テレビで特集がされるほど周知されております。遺品整理という仕事はそう簡単にはできないほど辛い現場もあり、大変と言われておりますが、給料が良いため、就職やアルバイトをしたいという方が増えております。遺品整理の求人情報を探している方が業者の見分け方のポイントや必要なスキ...

 
 

埼玉で遺品整理の需要が増えており、他業種から遺品整理業界に参画する企業が増えております。遺品整理業者の人材不足が原因となっており、求人募集を行っている業者が多数あります。遺品整理で就職やアルバイトを考えている方は遺品整理業者がどんな仕事を行っているのかを把握したうえでお問い合わせすることをオススメします。