遺品整理士の「合格率」は?「難易度」は?合格者の声から成功ノウハウをご紹介 - 遺品整理マイスターズ

MENU

遺品整理士の合格率は?難易度は?

なんと3人に1人が合格!合格率65%!〜実務経験必要なしの遺品整理士〜

スポンサーリンク

遺品整理士の資格は遺品整理士養成講座を受講し、付属の問題集やレポートを提出し、合格が認められると遺品整理士として働くことが出来、その勉強期間の目安は2か月程度とされています。遺品整理士の資格試験の合格率に関しては、65パーセント程度となっており課題を提出したから必ず合格するという資格ではなく、三人に一人程度がこの試験に不合格となっています。遺品整理士の養成講座に関しては遺品整理士認定協会公認のものだけでなく、様々な通信講座を運営する会社もこの講座を取り扱っており、そのようなところであると出題傾向をしっかり把握することの出来る対策問題集などもついてくるので、こちらを利用する人が多いです。この資格に関しては取得するのに実務経験が必要ないことから、気軽に家で勉強することが出来る資格であるので、何か資格を身につけて働きたい人におすすめの資格です。

このページの目次へ戻る

今テレビで話題の遺品整理士に合格しました!

<%合格%>

私は2時間ドラマを見るのが好きなのですが最近よく遺品整理をドラマ化したお話がよく放送されています。「死者の声を聞く」とかいう台詞が気に入ってこのシリーズを毎回見ていて遺品整理という仕事に興味を持ち始め調べたところ、遺品整理士なる資格があると分かり資格取得しようと決意したのです。
遺品整理士は一般社団法人・遺品整理士認定教会が主宰する講座を修了後認定試験に合格すると得られる民間資格です。遺品整理とは人が亡くなった時に行う部屋や荷物の片付けや処理のことをいいます。遺品には廃棄するもの、リサイクルに回すもの、供養という形に回すものなど状況に応じて様々で、必要に応じて法規制に準拠しながら整理しなければならないのです。また供養する場合は亡くなった方や遺族の宗教に合わせて対応しなければならないのです。

このページの目次へ戻る

遺品整理士の資格にかかる費用は約30,000円!!

<%%>

遺品整理士はこうした法知識や関連知識を正しく身につけ、遺品の取り扱い手順を学ぶことで一定のレベルにあることを証明できます。さて遺品整理士の受講資格は特になく、受講期間は最大2ヶ月間で教本やDVDなどによる通信講座です。費用は合計30000円です。認定は課題提出による試験を経て行われます。遺品整理士試験というより小論文提出なので一通り教本に目を通せば比較的簡単に合格できると言えます。私は土日に教本を読んだだけで割と簡単に合格できました。今後ドラマのような遺品整理士になれるように努力している最中です。

 

このページの目次へ戻る

遺品整理士の資格取得での不合格

<%不合格%>

遺品整理士の資格取得での不合格を受けて、やはり自分自身の知識が浅かった事に関して反省をしてしまいました。遺品整理士も中々大変な仕事であり、多くの遺品の仕訳をして行く事で大切な物と処分するものに分けたりする事など、ある程度経験の要る仕事となります。そこで遺品整理士の資格取得を取得していれば、それなりに武器となる事も考えられる所であり、今回受験してみる事としましたが不合格の結果を受けて少しショックを受けています。
資格試験の筆記の部分で仕事を片手間に行っている所でしか食う取得を目指していた所も、独学で進めていた事等も不合格の要因としては考えられる様です。遺品整理士を目指して資格取得をする事が目標に置いていると、今回の不合格を糧に努力していく事が求められます。まずは勉強などでも通信講座を利用したりする事で検討すればより良い形で考えて対応する事など、遺品整理士で働く為には必要な資格として考えて行く事が出来ます。
資格取得に際しての不合格を受けると、かなりショックであったのですが何よりも遺品整理士を目指して再度資格取得を出来る様に努力をして行く事から、前に進んでいく事となって行きます。⇒遺品整理士の資格取得方法

このページの目次へ戻る

まとめ

遺品整理士の合格率は65%ほどで比較的に易しい資格となります。資格合格の為に通信講座等もあり、勉強している方も多くいる事がわかります。しかし、多くの人は資格取得が先に考えてしまいますが、一番重要なことは遺品整理という最愛する人が亡くなったことに対して、大切に思える心だと思います。遺品整理は単なる片付けや整理ではありません。最愛する人に対して、どれだけ遺品整理士として敬意を称することができるかが重要だと思います。是非遺品整理士に合格して頂き、より多くの方の気持ちの整理を行ってください。

このページの目次へ戻る

 

遺品整理士をもっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

誰でも就職やアルバイトはできるの?遺品整理の求人情報と仕事内容とは? - 遺品整理マイスターズ
遺品整理の求人情報はニーズはあるものの、大手求人サイトに掲載している数は少ないです。就職やアルバイトを希望の方がスムーズに探すことができるようご紹介しております。遺品整理士の資格は必要なのか、具体的な仕事内容は?などぜひ参考にしてください。
遺品整理士とは?〜実際どんな仕事!?どんな資格!?〜 - 遺品整理マイスターズ
遺品整理士とは遺品整理士認定協会の資格を持った方になります。最近では遺品整理の法整備が整っていない中で相談や苦情が相次いでおります。遺品整理士の資格は遺品に関わるすべてのことを学ぶ資格になります。当サイトでは仕事内容や資格取得や年収等をすべてお伝えさせて頂きます。
遺品整理士の資格取得方法と試験内容 - 遺品整理マイスターズ
遺品整理士の資格取得方法は遺品整理士認定協会の認定試験に合格することです。遺品整理士の資格でお客様からの信頼を得ることができ、遺品整理を行う方は是非資格取得を目指しましょう。
遺品整理士の年収の相場を徹底分析|えっ!!こんなに給料高いの!? - 遺品整理マイスターズ
遺品整理士という仕事が注目を浴びています。遺品整理士の年収はやり方次第では相当高い年収になります。少子高齢化社会問題により、今までは家族で亡くなった方の遺品を整理してきましたが、家族がいない場合や家族では遺品の整理ができないなど遺品整理業者に依頼することが多くなっております。
遺品整理の開業方法とや起業方法|遺品整理で独立を考えている方へ - 遺品整理マイスターズ
遺品整理で開業や起業、独立を考えている方へ開業の準備に必要なものから成功するためのノウハウをお伝えさせて頂きます。