遺品整理を行う適切な時期やタイミングは?結局いつ頃行えばいいの? - 遺品整理マイスターズ

MENU

遺品整理を行う最適な時期・タイミングとは?

<%遺品整理の時期%>

遺品整理の時期(タイミング)は住宅によって変わります。

故人にまつわるあらゆる品物を整理する遺品整理ですが、これを行なうタイミングとしてはいつ頃が適しているのでしょうか?
そのタイミングを左右するのが、故人が住んでいた住宅の種類です。
賃貸住宅に住んでいた場合、たとえ故人が亡くなって、そこに住む人がいなくなったとしても荷物があれば家賃が発生します。
ですから早い時期に遺品整理を行なう必要があります。
一方、故人が持ち家に住んでいたという場合は、そのような事情から遺品整理を急ぐ必要性がありませんので、時期を気にすることなくご遺族のお好きなタイミングで遺品整理をするといいのではないでしょうか。

遺品整理の形見分けを行うタイミング

<%形見分け%>

遺品整理の形見分けは49日が目安!

遺品整理をしていく中で、「これは形見分けをして大切にしてもらいたい」と思う物が出てくることもあります。
形見分けの対象となる物は様々ですが、故人が集めていた物や故人の思い出が詰まった物などが、形見分けの対象となることが多いです。
さて、この形見分けを行なうタイミングですが、故人が信仰していた宗教が仏教であった場合には「四十九日」、神式であれば「五十日祭」「三十日祭」などが目安となります。
一方、キリスト教の場合、形見分けというしきたりは存在しません。
しかしながら、日本においては他の宗教と同様に形見分けが行われることが多くなっています。
もしキリスト教において形見分けを行なうのであれば、亡くなってから1ヶ月後に行われる「追悼ミサ」がひとつの目安となります。
もし、これらのタイミングに合わせて形見分けをしたいと考えるのであれば、その日までに遺品整理を終わらせておく必要があります。

遺品整理の形見分けにおける注意事項

形見分けを行なう場合、以下の様な点に注意しましょう。

・贈与税が発生するケースも考慮する

故人が愛用していた高価な品を形見分けする際は、それに贈与税がかかるかどうかにも注意する必要があります。
1年間に受け取った財産の合計が110万円を超えた場合、贈与税が発生します。
これは形見分けにおいても例外ではありません。
贈与税が発生するのは避けたいと思うのであれば、高価な品はむやみに形見分けせず、贈与税について理解のある方だけに形見分けをするなどの配慮をしておくといいでしょう。

・形見も相続の対象に

遺産相続人が複数いるときには、形見分けの前に遺産分割を終えておく必要があります。形見も遺産の一部として判断されますから、勝手に形見分けしては後でトラブルを招くおそれがあります。

・形見を無理に押し付けない

故人と親しくしていた方なら、きっと快く形見を受け取ってくれるだろうという思いのあまり、形見を無理に押し付けてしまう方もいます。
しかし、中には形見分けに抵抗感のある方もいるわけですので、そのような姿勢は歓迎されません。

遺品整理と形見分け

傍から見れば何の価値のないような物でも、故人やそのご遺族などにとっては大変価値のある物であるというケースはよくあります。そのような事情を考慮せず遺品整理を行った場合、その特定の人たちにとっては価値のある物が処分されてしまうというトラブルも起こりえます。
そうしたトラブルを防ぐためには、遺品整理の前に形見分けの対象となる物を分類しておくといいでしょう。
処分されてしまった物は元には戻らないわけですので、そうならないためにもこうした対策は必要です。

まとめ

今回は、遺品整理や形見分けを行なうタイミング、形見分けにおける注意点を紹介してきました。
こうした情報が必要になる機会は、もちろん訪れてはほしくないものですが、すべての人に死は平等に訪れます。
だからこそ、もしものときのことを事前にしっかりと考えておくことは非常に大切なのです。

 

依頼前に見なきゃ損するお役立ち情報はこちら

 

関連ページ

2016年、高齢化社会で注目されている「遺品整理」とは?
遺品整理とは、ご遺族が亡くなった時や実家に残った遺品(故人が所有していたもの)を整理して、処分や形見分けなどを行うことです。遺品整理のやり方はご家族で遺品整理を行うやり方や遺品整理業者に依頼するやり方と2つのパターンがあります。
遺品整理のご依頼の流れ
遺品整理を依頼する流れを項目別に注意すべきポイントとともに記載しております。依頼する側も業者に対して、わかりやすくスムーズに伝えることで誤解のない遺品整理を行うことができます。依頼する前に流れを把握しておきましょう!
【悪徳業者急増中】遺品整理業者の選び方の判断基準はこれだ!
遺品整理を初めて行う方は必見!失敗しない遺品整理業者の選び方をご紹介します。遺品整理業者の中には悪徳業者もいます。業者の見分け方の判断基準・見るべきポイントを記載してあります。
2016年「遺品整理」で急増中の5つの「トラブル事例」とその解決策
遺品整理業者の中には少なくとも悪徳業者もおります。遺品整理業者でよく起きているトラブルの事例と解決策を紹介しますので、依頼をする前に確認してください。注意すべきポイントは、不当な買い取りや高額請求や不法投棄などが一番多いトラブル事例になりますので、気を付けましょう。
遺品整理のお焚き上げ供養とは?
遺品整理を依頼する際に故人の方が大切に残していた遺品を捨てることができないケースがあると思います。そんな時は、必ずお焚き上げ供養をすることをオススメ致します。
【遺品整理と相続放棄】えっ!!遺品整理したら、多額の賠償を請求された!?
故人の遺品整理をただ普通に行っただけなのに、故人の債権者から多額の賠償を請求されることがあります。「相続放棄」をしていない場合は相続人として財産や借金などを請求されるケースがあります。特に賃貸物件などは大家から請求されることが多く、相続放棄をする場合は遺品整理や処分には十分気を付けましょう。
悪徳遺品整理業者が行う最新の手口と回避方法
遺品整理業者が増え続けている中、良い業者だけではなく、悪徳業者も増えております。最新の悪徳業者が使う手口と回避方法をご紹介しますので、ご依頼する前に必ず確認してください。
遺品整理の料金相場表|全国の遺品整理業者約1,200社を調査
全国の遺品整理業者約1,200社の料金を徹底調査しました。都道府県ごとの料金相場をご紹介しております。あなたのお住まいの遺品整理の相場をチェックしてからお見積りを行いましょう。
遺品整理の見積もり時に注意するべきポイント
遺品整理でトラブルが起きない為にも見積書は隅々まで確認しましょう。わからない項目があれば、すべて質問することをオススメします。見積もり時に注意すべきポイントをご紹介します。
遺品整理に関するブログをまとめてご紹介!
遺品整理の現状や現実、遺品整理士の仕事ぶりなどまとめてご紹介します。遺品整理業界の裏側まですべて丸わかり間違いなし!
遺品整理業者に依頼するメリット・デメリット
遺品整理をご自身や家族だけで行うべきか遺品整理業者にすべてをお任せするのかを悩む方も多いかと思います。遺品整理業者のメリット・デメリットをご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
初めて遺品整理を行う人が不安に思う「3つの事例」
遺品整理を依頼するほとんどの方は初めてのケースがほとんどだと思います。遺品整理で現実にあった体験談から聞いた不安に思った事例をまとめましたので、ご確認ください。
遺品整理と不用品処分の違いとは?
遺品整理を依頼する方がよく勘違いしてしまうことが遺品整理と不用品処分です。遺品整理業者の中にも不用品処分をしてしまい、大切な遺品を処分してしまったという話をよく聞きます。事前に遺品整理と不用品処分の違いを調べておきましょう。
遺品整理を自分たちだけで行うコツは?
遺品整理を業者に依頼せず、ご自身や家族だけで行う方もいらっしゃると思います。ご自身で遺品整理を行う時に必要なモノやスムーズに遺品整理を行うコツをご紹介しております。ご自身で行うことは相当大変なことですが、故人に対して、感謝の気持ちを込めて遺品の整理することはとても良いことだと思います。
遺品整理の作業当日で気を付けるべきポイント
遺品整理で一番トラブルが起きる確率が高い時は遺品整理の作業当日です。遺品整理後に大切な遺品が処分されてしまったケースなど多々あります。気を付けるべきポイントをまとめましたので、ぜひご覧ください。
遺品整理にかかる費用をできるだけ安く抑えるコツ
遺品整理をご依頼する際にできるだけ費用を抑えるためのノウハウをご紹介いたします。業者に依頼する前にやるべきポイントや買取できるものは専門業者に依頼したりなど方法はたくさんあります。
「遺品の買取」を依頼したら、逆に利益が出た!?
遺品整理を依頼する前に「遺品の買取」を買取専門業者に依頼することで遺品整理の費用を抑えることができます。少し利益が出たなんてことも!遺品の買い取りのメリットと依頼する際の注意点をご紹介します。