遺品整理の開業方法とや起業方法|遺品整理で独立を考えている方へ - 遺品整理マイスターズ

MENU

失敗しない遺品整理業者に依頼するための方法

更新日:2019/9/23

遺品整理マイスターズでは、初めて遺品整理を行う方が遺品整理士が在籍する優良の遺品整理業者や近くの遺品整理業者を選べるように遺品整理の料金や口コミ、評判でランキング形式にてご紹介しております。
遺品整理だけではなく、生前整理や特殊清掃、ゴミ屋敷片付けなどのサービスについても比較しております。
遺品整理の仕方や時期などの遺品整理に関わる知識や情報も合わせてご確認ください。
遺品整理で働きたい方は求人情報やアルバイト情報も確認しましょう。

遺品整理で開業、起業で独立を考えている方へ

自分自身で会社を立ち上げたり、働いていた会社から独立したりと起業のきっかけは様々です。遺品整理の会社を立ち上げる際、それまでの仕事の経験が活かされます。なんでも行う便利屋や不用品回収業は遺品整理にとても役立ちます。起業・独立する際に「遺品整理士」という資格をもっていると、依頼件数も大幅に伸びます。依頼主にとって資格というものは信頼安心の意味を持ちます。現在の仕事の合間に遺品整理士の資格を取っておくことをお勧めします。残された家族にとって大切な思い出も残る遺品ですので、ひとつひとつの遺品整理に誠心誠意対応することが大切です。最近では高齢者の一人暮らしも増えているので、今後ますます需要の高まる仕事と言えます。

スポンサーリンク

需要が増えている遺品整理業界

<%需要%>

遺品整理は近年利用する方が増加しています。高齢化社会や核家族化が進み家族だけで片付けるのが困難になってきています。またこれからも需要が伸びると予想されています。遺品整理業者は増えていくことでしょう。お客様に満足してもらう会社を作るためには、開業支援のサポートを受けると良いでしょう。様々な知識をつけて資格を取得することも大切になります。故人様の大切な遺品を間違いなくそしてスピーディに整理していかなければなりません。大型の廃棄物などもどのように処理していくか、また貴重品などもトラブルなく整理しなければなりません。専門的な知識を身に付けて開業するようにしなければ成り立ちません。遺品整理士の資格も取得しておきましょう。

遺品整理士の資格取得方法と試験内容はこちらを参考にしてください。

 

このページの目次へ戻る

各種許認可が必要となります。

<%%>

廃棄物処理業や引越業など、遺品整理に参入している会社は近年増えています。孤独死や身内のいない単身者が多くなってきたため、遺品整理サービスを利用するケースも増えているのです。では遺品整理業の開業方法とは、どのようなものでしょうか?留意すべき点は、地域で各種許認可を受けなければならないということです。まず市町村単位の一般廃棄物収集運搬業許可、また都道府県や政令都市単位の産業廃棄物収集運搬業許可などがあります。また、遺品に買い取れるものがあれば買取り、販売する場合には古物商の許可も必要となります。そのほか廃棄物保管許可家電リサイクル券取扱店舗登録など、様々な認可もあります。一般社団法人遺品整理士認定協会では、遺品整理士の資格を取得することも出来、取得後には開業支援も行われています。

スポンサーリンク

このページの目次へ戻る

遺品整理業を開業するときは、助成金が貰える場合があります。

<%助成金%>

遺品整理業は信頼が第一ですので、まずは、廃棄物処理法、家電リサイクル法をしっかりと理解しながら、開業準備を進めていく必要があります。独立開業は特別なことではありません。思いがあれば、誰にでもできることです。遺品整理業を開業するにあたり、助成金が受け取れる場合があります。多額の助成金が出るにも関わらず、少し相談に行くのが遅かったために、間に合わなかったケースもあります。遺品整理業を開業するときは、労務士事務所へ行って、助成金の相談をしてみることです。助成金の貰い忘れを防ぐためにも、開業することが決まったら、早めに相談に行くことをおすすめします。遺品整理業は、今需要がかなり増えていますので、助成金を貰えれば、賢くお得に開業することができます。

 

このページの目次へ戻る

まとめ

最近は高齢化社会が進み、家族だけで片付けるのは困難になり遺品整理を依頼される方が増えています。これからもますます需要が見込まれる業界になるといわれています。そのため早くから開業準備を進めておくと、将来必ず役に立つことでしょう。遺品整理には様々な知識が必要となります。安全かつスピーディに仕事を進めていくためにも、一般廃棄物収集運搬業の許可を取得されることをおすすめします。ごみの選別を正しく行うことは、なくてはならない知識になります。どんな物でも正しく整理して、依頼者に満足してもらうようにしなければなりません。これから遺品整理の業界を目指す人は増えていくと思われます。生き残るためにも日々の勉強を欠かさずするようにしなければなりません。

 

このページの目次へ戻る

 

遺品整理をもっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

誰でも就職やアルバイトはできるの?遺品整理の求人情報と仕事内容とは? - 遺品整理マイスターズ
遺品整理の求人情報はニーズはあるものの、大手求人サイトに掲載している数は少ないです。就職やアルバイトを希望の方がスムーズに探すことができるようご紹介しております。遺品整理士の資格は必要なのか、具体的な仕事内容は?などぜひ参考にしてください。
遺品整理士とは?〜実際どんな仕事!?どんな資格!?〜 - 遺品整理マイスターズ
遺品整理士とは遺品整理士認定協会の資格を持った方になります。最近では遺品整理の法整備が整っていない中で相談や苦情が相次いでおります。遺品整理士の資格は遺品に関わるすべてのことを学ぶ資格になります。当サイトでは仕事内容や資格取得や年収等をすべてお伝えさせて頂きます。
遺品整理士の「合格率」は?「難易度」は?合格者の声から成功ノウハウをご紹介 - 遺品整理マイスターズ
遺品整理士の合格率は65%程と比較的易しい資格となります。実務経験も必要がない為、勉強することで試験に合格することができます。しかし、一番大事な事は試験に合格することではなく、遺品整理とは何か?お客様の思いに共感する心が重要になっていきます。
遺品整理士の資格取得方法と試験内容 - 遺品整理マイスターズ
遺品整理士の資格取得方法は遺品整理士認定協会の認定試験に合格することです。遺品整理士の資格でお客様からの信頼を得ることができ、遺品整理を行う方は是非資格取得を目指しましょう。
遺品整理士の年収の相場を徹底分析|えっ!!こんなに給料高いの!? - 遺品整理マイスターズ
遺品整理士という仕事が注目を浴びています。遺品整理士の年収はやり方次第では相当高い年収になります。少子高齢化社会問題により、今までは家族で亡くなった方の遺品を整理してきましたが、家族がいない場合や家族では遺品の整理ができないなど遺品整理業者に依頼することが多くなっております。